Workshop on Accessory Paramaters at Kumamoto

日程:2009年2月21日(土)13:30 〜 2月24日(火)12:30

於:熊本大学理学部3号館4階共同研究室

   Gaussの超幾何微分方程式は最も基本的で重要なFuchs型常微分方程式で,解の大域的性質が具体的に記述できる.より高階の方程式や特異点の数を増やした方程式には解の局所性質のみでは決定できないアクセサリー・パラメータが現れ,解の大域的性質の解析や具体的記述は本質的に困難になる.そのようなものの中で解の大域的性質が分かるよい例や理論の研究が最近大きく進展している.

   これらについて,最近の結果や新しい観点を理解するとともに,今後の研究の方向性と発展を探るため,勉強会の性格を持ったワークショップを企画した.昨年夏の玉原でのワークショップ に引き続くものとして,今回は特に middle convolution に関連して,それの一般化,および quiverの表現やYokoyama's extensionとの関連などを解説する講演が含まれる.

キーワード : Middle convolutions, Rigid local systems, Heun's equations, Hypergeometric systems with several variables
monodromy/integral representation/reducibility/contiguous relation/connection coefficents/special solutions

プログラム(暫定版)

このプログラムは暫定版で,オープニングの時に最終的に相談して決めたいと思います.

                                13:30-13:50  13:50-14:50  15:10-16:10  16:30-17:30
21日  -----------------------   オープニング    大島         石崎         廣惠

      9:00-10:20  10:40-12:00   13:30-14:40  15:00-16:00  16:20-18:00
22日    山川-1       川上-1        竹内         竹村         野海

      9:00-10:20  10:40-12:00   13:30-14:20 14:20-14:40 14:40-15:40  15:50-16:40 16:50-17:30
23日    山川-2       川上-2        関口     大島-2    野海-2      田邊-1       原岡

      9:40-10:50  11:10-12:15
24日    田邊-2       大島-3


        講演者

山川大亮(京大数理研) 連続講演: Middle convolution and reflection functor 川上拓志(東京大学) 連続講演:一般大久保型方程式とmiddle convolutionの拡張について 大島利雄(東京大学)  (偏)微分作用素の middle convolution 部分Wronskianの満たす方程式について middle convolutionに関連するopen problem および 211,211,211 の部分Wronskianに関する接続公式 石崎晋也(東京大学) 横山氏のextensionの乗法版と middle convolution 廣惠一希(東京大学)  A2型の量子戸田方程式の2点接続問題 竹内 潔(筑波大学) Newton polyhedra, A-hypergeometric equations and local zeta functions 竹村 剛(横浜市大) 各固有空間の次元の最大公約数が1にならない場合のドリーニュシンプソン問題 野海正俊(神戸大学) Mellin 変換と接続問題 (常)微分方程式の双対性と双線型形式部分 田邊晋(熊本大学) 一般超幾何関数のある可約パラメータのときのモノドロミー 原岡喜重(熊本大学) 接続問題 関口次郎(東京農工大) 部分Wronskian系に関する問題提起 ------------------------------------------------------------------------------- 世話人: 大島利雄,原岡喜重

Lie群・表現論セミナー