LyX 日本語ローカライズ版 2.0 インストール手順

前準備としての LaTeX のインストール 


日本語 LaTeX(pLateX2e) のインストール


現在日本語対応が完全で、機能も豊富な LaTeX は基本的に pLaTeX2e でしょう。しかし、自分でインストールするとなると相応の知識と手順を知っていて間違いなく正常動作させるのは、一般に敷居が高いのではないでしょうか。

現在、日本で最も一般的に Windows 上で使われているものは Win32TeX (角藤先生)でしょう。これに dvi ファイルのビューワーとして dviout (大島先生) を組み合わせるのが Windows OS では一番安心です。後は、gs閲覧にGsviewくらいですが、現在ではAdobeReaderでPDF閲覧、出力が多数派でしょう。dvipdfmxを用いてPDF作成をして下さい。

これらを、一度に済ませてしまうインストーラー (阿部さん製作) を使って、まずはシステム上に LaTeX 環境を構築して下さい。尚、今回から VISTA,7 のみのサポートとさせて頂きます。


Windows版LaTeX 角藤先生のページ
http://w32tex.org/index-ja.html
阿部さん 製作 Win32TeX インストーラー
http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~abenori/soft/abtexinst.html
dviout 他 大島先生のページ つまりここですね
http://akagi.ms.u-tokyo.ac.jp/ftp-j.html#TeX
その他必要なもの
Gsview(Postscript ビューワー)
http://pages.cs.wisc.edu/~ghost/gsview/
Adobe Reader(PDF ビューワー)
http://get.adobe.com/jp/reader/

LyX のインストール

簡潔にインストール手順を示します。インストーラを起動した初期画面です。Nextへ

同意を求めるダイアログ I agree

図の通りです。

ご自分のTeXシステムに合わせて設定して下さい。上記は角藤先生のものを阿部さんのインストーラでデフォルトで入れた場合です。

インストールが始まります。LyXはインストール時にご自分のTeXシステムを解析しますので少し時間がかかります。


以後は、LyX付属の日本語文書が詳しいので、日本語版をPDFにしたものを置いておきます。パッケージ本体ともども是非DLして熟読して下さい。


LyX 2.0.0 for Windows インストーラ (約76M)

LyXを使う上で、とても参考になる日本語ページがあります。日本語文書コミッターさんのページです。
http://www.int.otaru-uc.ac.jp/lyx-howto/
ご存じとは思いますが、インストール及び基本設定ならば奥村先生のwikiがリアルタイムで更新中です
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?LyX

LyX 日本語取り扱い説明書類(PDF)